ここから本文です

イチローの同僚エースの事故死に全米が衝撃。日本人ファンが現地で追悼も

THE PAGE 9/26(月) 10:47配信

 メジャーリーグのマーリンズでイチローのチームメートである、ホセ・フェルナンデス投手が25日、ボート事故で死亡した事件が、全米に衝撃を与えている。24歳という若さで、あまりにも突然に亡くなったフェルナンデス投手の一生は激動の生涯だった。
 
 さっそくニューヨークポスト紙は、その生涯を次のように報じた。

 記事では、キューバで生まれたフェルナンデスは少年期に米国への亡命を4度試みた時の様子を取り上げた。最初の3度は捕らえられて、投獄されたこと。4度目はメキシコを目指したが、母親が海に転落。15歳のフェルナンデスが母を救ったことを記している。

 亡命したフェルナンデス一家はフロリダ州タンパに住んだことがあり、亡命から4年後、フェルナンデスはマーリンズから一巡目でドラフト指名をされてプロ入りしたこと。2年後の2013年に新人王を獲得したことを挙げ、わずかその3年後、彼は亡くなったと悲報を伝えた。

 実は、フェルナンデスは間もなく子どもが生まれるという。
 
 USA TODAY紙は、フェルナンデスの生涯を振り返る記事を掲載し、末尾にフェルナンデスが1週間前に、ガールフレンドが妊娠中であることを喜ぶ画像をインターネット上に投稿していたことも報じた。

 マーリンズの地元紙であるマイアミヘラルド紙は大きなショックを受けたファンの様子を報じた。

 フェルナンデス投手の事故死で、球場前には祈りをささげる人が次々と詰めかけたという。

 記事中では、日本人ファンの様子も報じられた。
 花を持って球場にやってきたササキ・ジュンコさんは同紙の取材に応じ、「イチローの大ファンで3000安打達成を見たいと思って、ここにやってきましたが、フェルナンデス投手の大ファンにもなりました。彼は本当に野球を愛していて楽しい選手だった。夕べも私が彼の名前を叫んでいると、彼はフィールドから私にハローと行ってくれたのです。彼が亡くなったなんて信じられません」と話している。

 25日は、ファンにイチローの3000安打記念バットが渡されるイベントが行われる予定だった。同紙は、このバットを受け取るために朝早くから球場に来ていたファンの様子も掲載。その一人であるジョン・ブラッドフォードさんは「球場に来てから、(死亡が)確認されたということを知りました。信じられません、ただ信じられません」と話したという。
   

1/2ページ

最終更新:9/26(月) 13:00

THE PAGE