ここから本文です

JALと東大、中学生向け航空教室

Aviation Wire 9/26(月) 20:24配信

 日本航空(JAL/JL、9201)と東京大学生産技術研究所は9月24日と25日の2日間、中学生向けの航空教室「飛行機ワークショップ 2016」を開催した。

 24日は羽田空港にあるJALの格納庫見学と、飛行機が飛ぶ原理などに関する講義が開かれた。課題作文による選考を経て参加した28人の中学生は、遊園地のある客室など、将来実現して欲しい飛行機の未来像を考えていた。

 講義では、飛行機が空を飛ぶ仕組みをはじめ、航空会社が現在運航している機体やサービスを通じて、旅客機を中心とした飛行機について学んだ。

 格納庫では、ボーイング767型機や737型機などJALが運航している機体の整備作業を見学。この日、間近で機体を見学したJALの「M2ハンガー」には、4機の機体が並んだ。現役の整備士も案内役として同行し、中学生たちは機体を写真に収めたり、熱心に質問していた。

 2日目の25日は、東大の駒場リサーチキャンパスで風洞での流体力学の実験を行った。

 今回のワークショップは、JALと東大生研によるコラボレーション企画の第1弾。産業界と初等・中等教育を結びつけ、 研究者が社会と情報共有していく「アウトリーチ活動」を支援する東大生研の次世代育成オフィス(ONG)が、JALと連携して開催した。

 中学生向けに続き、10月には高校生向けの講座を開く。JALと東大はワークショップを通じて、航空分野に対する興味を中高生に持ってもらいたいという。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:9/26(月) 23:54

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。