ここから本文です

【RISE】那須川天心が宿敵・村越優汰を破り初防衛に成功

イーファイト 9/26(月) 13:55配信

「RISE 113」(9月25日 東京・後楽園ホール)

▼第9試合 メインイベント バンタム級タイトルマッチ 3分5R無制限延長R
○那須川天心(TARGET/RISEバンタム級王者)
判定2-0 ※50-47、50-50、50-45
●村越優汰(湘南格闘クラブ/RISEバンタム級1位・挑戦者)
※那須川が初防衛に成功。

【フォト】防衛に成功するも悔し涙を流した那須川

 1R、両者慎重な出足。スピードで上回る那須川が左フック、右フックとパンチを一気にまとめる。村越はフェイントから左ストレート、ヒザ蹴りを繰り出すが2発見舞ってしまい(認められるのは1発のみ)イエローカードが提示される。

 2R、村越がヒザを上下させてフェイントをかけるが、那須川は動じない。余裕を見せて手を大きく回す那須川は飛び込んでパンチを連打するが、村越のローが急所に入ってしまい一時中断。再開後、那須川は左ミドル、ローと蹴りで攻め、村越がパンチを出すとスピードのある倍以上のパンチを放つ。

 3R、ここまでほとんど攻めることがなかった村越が右ミドルから左フック。那須川もすぐ左のパンチを打ち返す。那須川は左ミドルで村越を誘うが、このラウンドもやはり村越は攻めてこない。

 4R、村越が左ローを蹴れば那須川もすぐに左ローを返す。ここでレフェリーから両者に「もっとアグレッシブに戦うように」との注意が入る。那須川は村越のローに胴回し回転蹴りを合わせ、場内を沸かせた。

 5R、業を煮やした那須川が左ローからパンチの連打を繰り出すと村越はクリンチ。村越のジャブが連続でヒットすると、那須川は左ストレートを打ち返す。最後に那須川がパンチの連打と飛び蹴りを見せ、試合終了。

 お互いに相手が出てくるのを待ち、手数の少ない試合となってしまったが、攻める姿勢と手数を出した那須川が判定勝ちで初防衛に成功した。チャンピオンベルトを巻かれると、那須川は「このベルトを巻く価値のない試合をやってしまった」と悔し涙を流した。

 マイクを持つと、「チャンピオンとして情けない試合をしてしまい反省しています。村越選手は前回の2~3倍強くなっていました。僕も少しなめていたところがあったと思いました。自分では頑張って本気で練習してきましたが、周りが求めていた試合ではなかったので、もっと練習して強くなります。次はしっかり倒して強くなったところを見せます」と語った。

 試合後のインタビューでも、「慎重になりすぎましたし、相手が思っていた以上に来なかった。誘っていたんですが来ないし、強引に行こうとも思ったんですが、(右)三日月蹴りを初めてもらって、これ以上もらったらヤバイと思ったので僕も行けませんでした。不完全燃焼です。あんな試合内容では僕がベルトを持っている意味がありません。みんなが言うように、初防衛戦はいつもより緊張しました」と反省しきりだった那須川。

 次の試合は12月5日の『KNOCK OUT』の旗揚げ戦。「次はしっかり倒したい」と那須川は前を向いた。

最終更新:9/26(月) 19:58

イーファイト