ここから本文です

紀平梨花3回転半成功 14歳が女子史上7人目快挙で逆転V

デイリースポーツ 9/26(月) 6:03配信

 「フィギュアスケート・ジュニアGP・スロベニア大会」(24日、リュブリャナ)

 女子フリーで14歳の紀平梨花(関大KFSC)がトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に成功した。世界スケート連盟(ISU)公認試合で女子史上7人目、日本人では4人目。今季シリーズ初参戦の紀平はフリートップの128・31点を出し、自己ベストの194・24点で逆転優勝。12月のジュニアGPファイナル進出を決めた。昨季世界ジュニア女王の本田真凜(15)=関大中=はフリー2位の120・96点、合計178・75点で2位となった。

 氷上をなめらかに滑ってフワリと跳ぶ。豪快な伊藤みどり、躍動感あふれる浅田真央。誰とも違う可憐(かれん)さで、紀平が大技を決めた。純白にブルーの衣装に身を包み、フリー曲「ラプソディ・イン・ブルー」の冒頭でトリプルアクセルに成功。「練習から確率が上がっていた。思い切って踏み切れた」。高速回転で回りきり軽やかに着氷した。逆転優勝に「すごいうれしい」と声を弾ませた。

 ISU公認試合ではトーニャ・ハーディング(米国)ら7人目、日本人では伊藤、中野友加里、浅田に続く4人目の成功となる。しかも、6種類8つの3回転ジャンプを成功させた女子は、ISU公認試合で世界初。すべてのジャンプで、出来栄えに加点が付く精度の高さだった。

 指導する浜田美栄コーチは紀平の第一印象を「ジャンプへの恐怖心がなく、勇気があった」と振り返る。「体にバネがある」という高い運動能力にジャンプのセンス、思い切りの良さが融合した。

 練習では3回転トーループとの連続ジャンプにも成功している。中学2年生の描く未来像は「ミスなく、トリプルアクセルをたくさん決められる選手」。年齢規定で平昌五輪へは出場できないが、希代のジャンパーの勢いは止まらない。

最終更新:9/26(月) 13:28

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。