ここから本文です

【RIZIN】RENAが次戦に意欲「やるからには壁を乗り越える」

イーファイト 9/26(月) 13:59配信

 9月25日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催された『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント』の一夜明け会見が、26日(月)千葉県内にて行われた。

【フォト】RIZINが誇る格闘三姉妹、村田、ギャビ、RENA

 セミファイナルで女子レスリング元世界女王の山本美憂(KRAZY BEE)に一本勝ちしたシュートボクシング世界女子フライ級王者RENA(シーザージム)が会見に出席し、勝利の喜びを語った。

 少し疲れ気味の様子のRENA。「テンション上がり過ぎて、昨日は1時間しか寝ていないです。ずっと携帯も鳴り止まないし、SNSもブログもすごく盛り上がってて(笑)」と勝利の反響に笑みを浮かべる。

“女王決戦”として大きな注目を集めた大一番に勝利し、MMAデビューから2連勝を飾ったが、「対戦相手が山本さんであったからこそ、セミファイナルに抜擢されたし、ここまで盛り上がったと思います。年末に引き続き、何とか一本で勝つことが出来て嬉しく思います」と振り返った。

 今後については「まだまだ強い女性格闘家がたくさんいます。そうしたファイターたちと対戦していかなくてならないと思いますが、やるからにはその壁を一つひとつ乗り越えていきたいと思います」と意欲を示した。

「まずは次の11月、本業のシュートボクシングの方でしっかり勝って結果を出したいです。本来の私、シュートボクサーとしてのRENAを見せたい。一発ガツンとKOで締めくくりたいです」とさっそく次戦を見据えた。

 RENAは11月11日(金)東京・TDCホールにて開催されるシュートボクシング(以下SB)の2年に一度の祭典、ワールドトーナメント『S-cup』にワンマッチで出場する予定だ。

最終更新:9/26(月) 15:52

イーファイト

なぜ今? 首相主導の働き方改革