ここから本文です

タカマツペア、凱旋Vならず リオ五輪で勝ったデンマーク組に逆転負け

デイリースポーツ 9/26(月) 6:03配信

 「バドミントン・ヨネックス・オープン・ジャパン」(25日、東京体育館)

 各種目の決勝が行われ、リオデジャネイロ五輪金メダリストで世界ランキング1位の高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)組=日本ユニシス=は、同銀メダリストで同6位のクリスティナ・ペデルセン(30)、カミラ・リターユヒル(32)組=デンマーク=に1-2で逆転負けを喫し、同ペアに勝って金メダルを獲得したリオ五輪決勝の再現はならなかった。デンマークペアはこの大会初優勝を飾った。

 雪辱を誓うデンマークペアの気迫に、タカマツペアが屈した。第1ゲームは21-19で先取したものの、第2ゲームを18-21で奪われると、第3ゲームはミスを連発して12-21と完敗。リオ五輪と全く逆の展開で逆転負けを食らった。

 「きょうは世界トップレベルの銀メダリストが相手で、ボコボコにされるんじゃないかと怖かった。相手はオリンピックで負けているので勝ちたいという気持ちは上だし、パフォーマンスも相手の方が良かった」と高橋。松友も「相手は帰国後にすぐ練習を始めたと聞いている。今回はやられたい放題やられた」と素直に脱帽した。

 五輪終了後1週間休んだだけで練習を再開したデンマークペアに対し、「タカマツペア」はイベントやテレビ出演などに追われ、大会前では最長となる20日間近くの休養を取った。「やっぱり練習をしないと勝てない。そんなに世界は甘くないとデンマークペアに教えられた」と松友。2人はデンマークオープン(10月18~23日)から再びスーパーシリーズに参戦。高橋は「デンマークペアと当たったら勝ちたい」と相手の母国での雪辱を誓った。

最終更新:9/27(火) 3:30

デイリースポーツ

なぜ今? 首相主導の働き方改革