ここから本文です

【ベトナム】トヨタ、「おもてなし」向上へ社内コンテスト

NNA 9/26(月) 8:30配信

 
 トヨタ・ベトナム(TMV)は24~25日、顧客サービスの向上を目的に南部ビンズオン省でディーラー店従業員の接客態度や技術などを評価するコンテストを開催した。全国に46店舗あるディーラー店から選抜された約50人が日頃磨いた「おもてなし」のサービスを競い合った。
 コンテストは1999年から毎年開催されており、今年が18回目。「セールス」「サービス・アドバイザー」「スペアパーツ」「一般修理」「カスタマーケア」の5競技について、各地の予選を勝ち抜いた選手たちが、地元から駆けつけた応援団が見守る中、大会に臨んだ。
 TMVは大会を通じて、おもてなしの向上を目指しており、一部の競技では知識だけでなくコミュニケーションスキルも評価の対象となった。TMVの丸田善久社長は、「コンテストを通じて若いベトナム人スタッフの競争心に働き掛け、モチベーションが上がってくれれば」と期待している。
 大会に参加したディーラー店の幹部は、「市場が拡大する中で人材確保が課題。従業員が好成績を残すことで、ディーラーとしての評価が上がり、採用につながればよい」と期待を語った。

最終更新:9/26(月) 8:30

NNA