ここから本文です

格安スマホ、安さ以外のメリットで差別化へ

エコノミックニュース 9/26(月) 8:27配信

 仮想移動体通信事業者(MVNO)の格安スマホが勢いを増している。格安スマホは大手携帯キャリアの半額から3分の1以下という低料金が魅力で、MVNO間で値下げ競争が勃発していた。しかし、ここに来て新たな動きを見せている。各社が独自のプランで差別化を図ろうとしているのだ。

 先行期間を経て10月から本格的にサービスを開始するLINEモバイル <3938> は「コミュニケーションフリー」をコンセプトに掲げ、LINEをはじめTwitterやFacebookといったSNSへの投稿をデータ通信料にカウントしないプランを用意している。LINEミュージックの使い放題プランも計画中とのこと。

 U-mobileはLTE使い放題と自社の音楽配信サービス「スマホでUSEN」をセットにしたプラン「USEN MUSIC SIM」提供している。10月から導入する通信制限のない大容量プランにも、スマホでUSENをセットにした「U-mobile MAX 25GB エンタメプラス」を提供する予定という。

 楽天モバイル <4755> は、子会社のIP通話アプリ「Viber」をセットにした「050データSIM powered by Viber」を9月下旬に開始する。3社ともに自社サービスのユーザーを拡大したいという思惑があるようだ。

 通信品質を高めたプランもあり、mineoでは一般のユーザーとは別の専用帯域を割り当て高速接続を可能にする「プレミアムコース」の有料トライアルを10月から実施する。

 MM総研の発表によると、2016年3月末時点でのMVNOサービスの総契約回線数は4,717万回線。15年3月末に比べて54.9%も増加した。独自サービス型SIMの契約回線数は前年比65.5%増の539.4万回線に達している。

 独自サービス型SIMとは、独立系MVNOがSIMカードを使って独自の料金プランで提供するサービスのことで、格安スマホはこれにあたる。個人向け需要を中心に市場を拡大し、17年3月末には820万回線、18年3月末には1,770万回線にまで増えると予測されている。

 利用者数が増えればプランの内容や数もより充実していくだろう。「容量を気にせず使いたい」「とにかく速度にこだわりたい」「SNSをよく使う」「スマホで音楽を聴く」など、スマホの使い方にマッチしたプランを選べば、節約効果が高くなるはずだ。(編集担当:久保田雄城)

Economic News

最終更新:9/26(月) 8:27

エコノミックニュース

チャート

LINE3938
4115円、前日比-100円 - 12/6(火) 15:00

チャート

楽天4755
1122円、前日比+2.5円 - 12/6(火) 15:00

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。