ここから本文です

可搬質量8kgの高速スカラロボットを発売、高速連続稼働に対応

MONOist 9/26(月) 7:55配信

 デンソーウェーブは2016年9月12日、可搬質量8kgの高速スカラロボット「HSR」シリーズを発表した。ラインアップは、アーム長480mmの「HSR048」、同550mmの「HSR055」、同650mmの「HSR065」の3種で、同年10月に発売される。

 HSRシリーズでは、モーター配置などを刷新し、アーム先端の軽量化を図った。また、放熱性の向上により、実工程で必要とされる連続稼働による高速動作を可能にしている。

 さらに、アームとシャフト部の剛性を強化し、可搬質量8kgに対応。機械設計と制御を高次元で連携させたことで、アームの状態を動的に制御へ反映させることができる。これにより、アーム先端の残留振動が低減するという。

 今回同社では、瞬間最大速度ではなく、CPM(Cycle Per Minute:1分間の仕事量)に着目。速く動き始める、速く動き続ける、正確に止まるという基本性能を追求し、高速性を実現したとしている。

最終更新:9/26(月) 7:55

MONOist