ここから本文です

「ミュージアム」新作2編がヤンマガに連続掲載、カエル男誕生の秘密明らかに

映画ナタリー 9/26(月) 10:00配信

小栗旬が主演、大友啓史が監督を務める映画「ミュージアム」。このたび、巴亮介が手がけた原作マンガの新作2編が、9月26日発売のヤングマガジン43号より2号連続で掲載されることがわかった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「ミュージアム」は、雨の日にマスクを被って犯行を起こす“殺人アーティスト・カエル男”の連続猟奇殺人を描いたサイコスリラー。新作マンガでは「ドッグフードの刑」執行以前の未公開殺人などが描かれ、カエル男誕生の秘密が明らかになる。また単行本収録分に加えて新作を完全収録した「新装版 ミュージアム 完本」上下巻が、10月20日に発売されることも決定した。

「ミュージアム」は11月12日より全国でロードショー。なお本作は、第49回シッチェス・カタロニア国際映画祭のオフィシャルコンペティション部門、第21回釜山国際映画祭のミッドナイトパッション部門に出品されるほか、第29回東京国際映画祭の特別招待作品に選ばれている。



(c)巴亮介/講談社 (c)2016映画「ミュージアム」製作委員会

最終更新:9/26(月) 10:00

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]