ここから本文です

日本ハム・大谷が千金同点打&サヨナラホームイン

デイリースポーツ 9/26(月) 6:03配信

 「日本ハム2-1楽天」(25日、札幌ドーム)

 延長十一回。サヨナラのホームへ滑り込んだ日本ハム・大谷翔平投手に、歓喜の水が浴びせられた。「すごくうれしくて、これなら何回受けてもいいと思いました」。全身びしょぬれになりながら、両腕を天に突き上げた。優勝マジック3。剣が峰の戦いの果て。ゴールテープが視界に入った。

 まさかの結末だった。先頭で打席に立ち、弾丸ライナーで中堅の頭上を越える二塁打。1死後、田中賢の遊ゴロの間に三進し、打者はレアード。「打ってくれると考えていた」が、楽天・福山の投じた初球が暴投。地鳴りのような大歓声の中、球団史上最多の84勝目が決まった。

 4年目で初めて味わう優勝争い。緊張とワクワクが同居する。1点を追う八回には中前へ起死回生の同点適時打。ガッツポーズを繰り返し、感情を爆発させた。試合中は「DHなので、イニング間ごとにソフトバンク戦を見に行った」と動向をチェック。デッドヒートならではの新鮮な“景色”が心地よい。

 今季9度目の3安打猛打賞で今季102安打。初めて“大台”を突破した。サヨナラの瞬間「違うことを考えていて、何が起きたか分からなかった」と振り返った栗山監督は「よく頑張ってくれた」と褒めた。最短Vは27日。「できる限り早く決めたい」と大谷。139試合目。ついに手が届く場所まで来た。

最終更新:9/27(火) 5:51

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。