ここから本文です

ミスター ル・マン「晴れたので787B、全開で走ります」…Be a driver. Experience at FUJI SPEEDWAY

レスポンス 9/26(月) 9:30配信

25日、富士スピードウェイで開催された「Be a driver. Experience at FUJI SPEEDWAY」(BDE)。目玉は、ミスター ルマンの異名をとる寺田陽次郎氏による1991年ルマン24時間耐久レース優勝車、マツダ「787B」のデモ走行だろう。

[関連写真]

寺田氏は今回のイベントの実行委員長でもある。開会式の挨拶では「前日が大雨でしたが今日は晴れたので、全開で行きます」と、ロータリーエンジンで24時間レースを制覇した伝説の車に恥じない走りを宣言した。

デモ走行には、『ファミリア1000クーペ』、『コスモスポーツ』、『サバンナRX-3』、『カペラロータリー』、『ファミリアロータリークーペ』、『RX-7』。そして富士と言えば「グラチャン」(GC:グランチャンピオンレース)、その参戦マシンである「88S」も参加した。歴代ロータリーレーシングカーのそろい踏みとったところだ。さらに、スーパー耐久レースに参戦する『デミオ』、『ロードスター』、来2017年から日本でも選手権が始まるMX-5カップ仕様車なども混走した。

ファミリア1000は、1966年マカオGP参戦車、コスモスポーツは84時間耐久レース仕様。RX-3はライバルであるスカイライン『GT-R』を破ったのち国内戦100勝という伝説を作った車種でもある。2台走ったRX-3のうち1台は、当時寺田選手が現役で走っていた車を再現した寺田選手仕様の車だ。

デモ走行は4周のみだったが、どの車も放っておくと何周でもしそうな勢いで周回を重ねる。スーパー耐久レースの車両は複数台の出走だったが、各コーナーでは実戦さながらのバトルが繰り広げられた。そして寺田氏は、宣言どおり787Bを全開で走らせ、独特のロータリーサウンドを轟かせてくれた。

《レスポンス 中尾真二》

最終更新:9/26(月) 16:25

レスポンス

なぜ今? 首相主導の働き方改革