ここから本文です

酒井高所属のハンブルガー、電話で監督に解任を通達

ISM 9/26(月) 11:59配信

 酒井高徳所属のハンブルガーSV(ドイツ)は現地時間25日(以下現地時間)、ブルーノ・ラッバディア監督(50)の解任を発表した。チームはブンデスリーガ開幕5試合で勝ち点1と苦戦しており、クラブが電話で指揮官に通達した。

 24日のバイエルン戦で、健闘したものの王者に0対1と敗れたハンブルガー。ディートマー・バイアースドルファー幹部は「失望のシーズンスタートとなり、流れを変えるために指揮官を交代する必要があった」とコメント。電話でラッバディア監督に解任を伝えたと明かし、「電話で構わないと言われていたからそうした」と説明している。

 バイアースドルファー氏によると、後任監督は数日以内に発表予定。元ホッフェンハイム(ドイツ)監督のマルクス・ギスドル氏と交渉中だと明かした。

 ラッバディア監督は2009年から10年にかけてもハンブルガーを指揮したが、同年4月に退任。1年半前に再びハンブルガーに戻り、2015年はチームを降格の危機から救っていた。しかし、ラッバディア監督が指揮した2016年の22試合で、ハンブルガーはわずか5勝しか挙げていない。(STATS-AP)

最終更新:9/26(月) 11:59

ISM

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています