ここから本文です

クリス・ブラウン、児童保護施設の調査対象に

cinemacafe.net 9/26(月) 17:15配信

クリス・ブラウンが児童保護施設から調査を受けているようだ。

元恋人ニア・ガズマンとの間に2歳の娘ロイヤルティちゃんを持つクリスは、先月宝石を巡った口論の後にモデルのベイリー・カランに銃を向けたとして凶器を用いた暴行容疑で逮捕されており、その事件に関して起訴こそされていないものの、ロサンゼルス郡デパートメント・オブ・チルドレン・アンド・ファミリー・サービス(DCFS)が22日(現地時間)午後、クリスのもとを訪れたという。

【写真】クリス・ブラウン/フォトギャラリー

複数の関係者が「TMZ」に話したところによれば、クリスは自身が繰り返し事実無根だとしているベイリーの一件を受けてニアが苦情を申し立てたとみているようだ。

DCFSの代表者たちは警察と共にクリスの自宅を訪れたというが、クリスは調査員と話すことを拒み、門の中にさえも入れなかったと言われている。

そんなクリスは、ベイリーとの事件によって日本への滞在許可が下りず、東京公演の延期を迫られたことが発表されていたばかりだ。

クリスは先日、ベイリーの一件に関する真実が明るみの出るのが待ちきれないと話していた。「この事件と状況に関して真実が明るみになるのが待ちきれないよ。俺の人間性にも汚名を塗られているし、俺という人間やその誠実さにもね」「本当に俺を応援してくれる人たちが俺のことを分かってくれているは嬉しいし、真実を知っていて、みてくれていることもね」。

以前には、クリスから帰れと言われた後にベイリーがクリスをはめてやると友人に携帯メールを送っていたとして、クリスとその弁護団がその内容を公開していた。その中の1つには「気まぐれやのクリス・ブラウンが、私が彼の宝石を偽物だと言ったからといって私を家から追い出そうとしているの。彼をはめてやって警察を呼ぶわ。銃で撃たれそうになったって言ってね。はめてやって、どういうことになるか教えてやらないと」と書かれていた。そしてクリスの弁護士はベイリーの証言にあうような銃や宝石は警察による家宅捜索で発見されなかったとしている。

(C) BANG Media International

最終更新:9/26(月) 17:15

cinemacafe.net