ここから本文です

ユーヴェに痛手、ルガーニ&アサモアが1カ月半の負傷離脱

ISM 9/26(月) 17:30配信

 ユヴェントス(イタリア)のDFダニエレ・ルガーニとMFクワドゥオ・アサモアが、それぞれ約6週間の戦線離脱となった。

 現地時間24日(以下現地時間)のセリエA・パレルモ戦で、1対0と勝利したユーヴェ。ルガーニはこの試合で後半途中に負傷交代を余儀なくされていた。アサモアも終盤に右ひざを負傷。交代枠を使い切っていたチームは、残り時間を10人で戦っている。

 クラブによると、アサモアは軟骨の損傷で手術が必要。ルガーニはじん帯を痛めている。両選手とも45日以内に復帰する予定だという。

 ユーヴェはDFメディ・ベナティア、MFクラウディオ・マルキージオも戦列を離れており、ルガーニとアサモアの離脱は痛手だ。

 同チームは27日、チャンピオンズリーグ・グループリーグ第2節でディナモ・ザグレブ(クロアチア)と対戦する。初戦はセビージャ(スペイン)と0対0で引き分けた。(STATS-AP)

最終更新:9/26(月) 17:31

ISM

なぜ今? 首相主導の働き方改革