ここから本文です

【インド】インド人長者番付、首位はリライアンス会長

NNA 9/26(月) 8:30配信

 米経済誌フォーブスは22日、インド人の長者番付を発表し、複合企業(コングロマリット)リライアンス・インダストリーズ(RIL)を率いるムケシュ・アンバニ会長が総資産227億米ドル(約2兆3,000億円)で首位だった。
 2位以下には、製薬会社サン・ファーマのディリップ・サングビ会長(169億米ドル)、ヒンドゥジャ・グループのヒンドゥジャ一族(4人、152億米ドル)、IT大手ウィプロのアジム・プレムジ会長(150億米ドル)、建設大手パロンジ・グループのパロンジ・ミストリー会長(139億米ドル)で続いた。
 ムケシュ氏の弟で、リライアンス・インフラストラクチャーのアニル・アンバニ会長は34億米ドルで32位だった。上位100位までの資産総額は3,810億米ドルで、昨年の3,450億米ドルから約1割増えた。これは、インドの実質国内総生産(GDP、2016年4月時点)121兆7,050億ルピー(約184兆円)の約2割に相当。また、9月9日時点で3,712億7,980万米ドルだったインドの外貨準備高と同規模になる。

最終更新:9/26(月) 8:30

NNA