ここから本文です

吉本新喜劇・辻本茂雄がアキのダンス演出を拒絶「ストーリー変える気か!」

東スポWeb 9/26(月) 13:50配信

 吉本新喜劇座長の辻本茂雄(51)と「いーよぉー」のギャグで人気上昇中のアキ(47)が26日、大阪市の吉本興業本社で特別公演「まだまだ座長!もうすぐ座長?」(11月10日、なんばグランド花月)の開催会見に出席した。

 同公演は、辻本扮する人気キャラ「茂造じいさん」シリーズの「茂造の青春時代」の再演。同作にはパフォーマンスの場面があり、前回の公演では辻本の知り合いのダンサーが担当した。今回は作・演出を辻本、パフォーマンス演出をアキが担当し、日本を代表するブレークダンスクルー「MORTAL COMBAT」も特別参加する。

 今回、アキを起用することになった経緯について辻本は「いつ再演をやろうかと思っていたときに、アキが『エンタメ新喜劇』という公演のゲストに呼んでくれた。僕はキャラが濃いんで、あまり呼んでくれないんですが、アキだけは心が広いので(笑い)。そのときの人間離れしたパフォーマンスに感動を受け、再演するならばと、アキに相談したところ『やりましょう』と言ってくれました」と説明した。

 もっとも、肝心のパフォーマンスに辻本は「僕を踊らす気ですか?」と尻込み。アキが「いや、踊らせます。エンディングだけでも」と断言すると「何でやねん。ストーリー変える気か!」と拒否した。

 そして「アキの『エンタメ新喜劇』ではいつも踊らされるんですよ。でも今回、僕は最後に違う大オチで出ますので」と踊らないことを明言した。

最終更新:9/26(月) 14:07

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]