ここから本文です

機内食を一般向けに販売へ…「ANAおいしいコレクション」

レスポンス 9/26(月) 12:00配信

ANAグループで機内食の企画・製造や機内サービス用品の航空機への搭降載業務などを行っているANAケータリングサービス(ANAC)は、10月から、機内食で培ったノウハウを活かし、新たに外販事業ブランド「ANAのおいしいコレクション」を立ち上げる。

「ANAのおいしいコレクション」は、機内食を手がけるシェフが創りだす品質の高い料理を、多くの人に提供するANACオリジナル商品となる。

第1弾として「ANAショッピング A-style」webサイトで、10月上旬に伝統的なおせち料理をベースに、機内食で提供している自慢の味と多彩な料理を織り交ぜ、寿膳にふさわしい逸品に仕上げた「謹製おせち三段重」(2万3500円)、10月下旬にこだわりの食材を使った3種のスープ詰め合わせ「おいしいスープセット」(9個入り5000円/20個入り1万円)を販売する。

今後も、商品の品質、おいしさ、地域の食材にこだわり、ANACシェフが趣向を凝らした商品を開発し、毎年4品目程度を展開する。

カタログギフトによる通信販売やANAの空港売店「ANA FESTA」など、販売個所も順次拡大する。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:9/26(月) 12:00

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。