ここから本文です

デンゼル・ワシントン、『イコライザー』続編に再び出演へ!

cinemacafe.net 9/26(月) 19:15配信

デンゼル・ワシントンが『イコライザー』続編に再び出演する方向だ。

デンゼルは1980年代の米人気ドラマ「ザ・シークレット・ハンター」を基に製作された2014年作で演じたロバート・マッコール役を2017年9月より撮影がスタートするという第2弾で続投するようだ。

【写真】デンゼル・ワシントン/フォトギャラリー

第1弾のプロデューサーを務めたトッド・ブラックは第2弾製作を発表し、現在悪役候補の俳優を探しているところだと「Collider.com」のインタビューの中で語った。「脚本は完成したよ。(アメリカの祝日、9月の第1月曜日)労働者の日の後すぐに撮影をスタートさせる予定だよ。もしかしたら前かもね。デンゼルの予定次第かな。『イコライザー』第2弾は来年9月からスタートする予定だけど、それ以前に僕らがデンゼルと撮影しているほかの作品次第ではもっと早くからスタートするかもね。もう少しほかの事をやってから、悪役のキャスティングを始めるよ」。

アントワーン・フークア監督が第1弾に引き続きメガホンを取るほか、脚本家のリチャード・ウェンクも再び脚本を担当する。

デンゼルは現在1960年作『荒野の7人』リメイク版『マグニフィセント・セブン』が海外で公開中となっており、この作品にもフークア監督、脚本家のウェンク、ニック・ピゾラットが携わっている。

(C) BANG Media International

最終更新:9/26(月) 19:15

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]