ここから本文です

ジェームズ・キャメロン製作「銃夢」映画版にジャッキー・アール・ヘイリー

映画.com 9/26(月) 19:30配信

 [映画.com ニュース] ジェームズ・キャメロンが15年以上前から製作を切望してきた、日本のSFアクション漫画「銃夢(ガンム)」(英題は「Alita: Battle Angel」)の実写映画化企画に、ジャッキー・アール・ヘイリー(「リトル・チルドレン」「エンド・オブ・キングダム」)の出演が決定したと、米ハリウッド・レポーターが報じた。

 木城ゆきと氏の原作「銃夢(ガンム)」は、ゴミやスクラップが堆積したクズ鉄町を舞台に、医師イド・ダイスケによって瓦礫のなかから助け出されたサイボーグ少女ガリィが、賞金稼ぎとして戦いながら生きる意味を見いだしていくというストーリー。

 すでに、ヒロインのガリィ(英語版ではアリータ)役にはカナダ出身の女優ロサ・サラザール(「メイズ・ランナー2 砂漠の迷宮」)、そしてイド・ダイスケ(英語版ではDr.ダイソン)役にはオスカー俳優クリストフ・ワルツが決定している。ヘイリーの役どころの詳細は明らかになっていないが、悪役のサイボーグ役を演じる見込みだ。

 「Battle Angel(原題)」は、ロバート・ロドリゲス監督(「プラネット・テラー in グラインドハウス」「シン・シティ」)がメガホンをとり、10月に米オースティンでの撮影開始を予定している。

最終更新:9/26(月) 19:30

映画.com

なぜ今? 首相主導の働き方改革