ここから本文です

土偶作りで古代体験 白河まほろん15周年フェスタ

福島民報 9/26(月) 11:18配信

 福島県白河市の県文化財センター白河館「まほろん」は25日、開館15周年を記念した体験フェスタを催した。
 青森県の三内丸山遺跡縄文時遊館や岩手県の御所野縄文博物館、佐賀県の吉野ケ里歴史公園、いわき市考古資料館など県内外8つの施設がそれぞれ実施している古代体験プログラムを提供した。家族連れらが訪れ、ミニ土偶や石器、ペーパークラフト、はにわ、古代文字のランチョンマット作りなどに挑戦した。
 開幕に先立ちセレモニーを行った。菊池徹夫館長があいさつし、鈴木和夫市長が祝辞を述べ、まほろんを運営する県文化振興財団の杉昭重理事長、利用者代表らと共にテープカットした。

福島民報社

最終更新:9/26(月) 11:35

福島民報