ここから本文です

宇宙人に届くかな? 地球外生命体に向けて製作された“ゴールデンレコード”を現代にリマスターさせるプロジェクトが始動

ねとらぼ 9/26(月) 9:53配信

 1977年にボイジャー計画の一環として製作され、無人宇宙探査機に搭載された“ゴールデンレコード”。地球外生命体が発見し解読してくれることを目的としたこのレコードは、音楽や各国の言葉や人々の暮らしを記載した画像など人類の文化が記録されています。その“ゴールデンレコード”を約40年越しに復刻させるプロジェクトが、先日21日からkickstaterで開始されました。

【宇宙人が見たら分かってくれる?】

 金メッキされたこの黄金のレコードには、55カ国語のあいさつやさまざまな国や時代の音楽、世界各国の人々や風景などの115枚もの画像が収録されています。現在はSoundCloudでネット公開されているこの“ゴールデンレコード”ですが、来年で打ち上げからちょうど40周年。それを記念して製作されるのが今回のリマスター版となります。

 商品には、リマスターされたビニール製の“ゴールデンレコード”のほか、その中に納められたたくさんの画像や探査機から送られてきた画像、はたまたボイジャー計画の歴史を記述した分厚い本がついてくるとのこと。デジタル版は25ドルから、“ゴールデンレコード”付きのボックスセットは98ドル以上投資すると送られてきます。

最終更新:9/26(月) 9:53

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]