ここから本文です

「ゲーム・オブ・スローンズ」ソフィー・ターナー&メイジー・ウィリアムズ、お揃いのタトゥーを入れる

cinemacafe.net 9/26(月) 19:41配信

人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の共演者であるソフィー・ターナーとメイジー・ウィリアムズがお揃いのタトゥーを入れたそうだ。

【写真】ソフィー・ターナー/フォトギャラリー

劇中でスターク家のサンサとアリヤをそれぞれ演じる2人は、その役柄を演じることが決まった日付「07.08.09」を友情と番組の記念にタトゥーで刻んだのだという。

ソフィーは「メイジーは世界でも最高の親友の1人よ。お揃いのタトゥーも入れてるの」「私たちが『ゲーム・オブ・スローンズ』に出演が出来ると聞いた日付なの。私はこの前入れたばかりだから、まだちょっとカサカサしているわ」と説明した。

2人は当初、番組が終了するときにタトゥーを入れようとしていたというが、同ドラマは次々と死人が出ることで知られていることから、自分たちのキャラクターがいつ死んでしまうかも分からないため、いまのうちに思い出を刻んでしまうことにしたのだという。

今月18日に行われたエミー賞のレッドカーペットで「E!NEWS」のインタビューに答えた際、「お揃いのタトゥーを入れたいっていう話はずっとしていたの」「この日付はとても思い出深いものだから。シーズン1の頃から最後まで生き延びられたらみんなでお揃いのを入れたいと思っていたわ」「でもそこまでたどり着けられるかは分からないから、メイジーと『誰かに殺される前にやっちゃおう!』って話になったのよ」と明かした。

しかし母親がタトゥーを好ましく思っていないことから、目立たないピンクにしたのだそうで、「エンターテイメント・トゥナイト」に「お母さんが出来るだけ目立たないようにして欲しがったから桃色にしたんだけど、みんなに見せびらかしちゃっているからお母さんには嫌がられるわ」と話していた。

(C) BANG Media International

最終更新:9/26(月) 19:41

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]