ここから本文です

【オールカマー】ゴールドアクター完璧発進「落ち着いていた」 秋盾はパス

デイリースポーツ 9/26(月) 6:04配信

 「オールカマー・G2」(25日、中山)

 昨年暮れのグランプリホースが、得意の中山で完璧な滑り出しを決めた。ゴールドアクターが1番人気に応えて完勝。中団追走から勝負どころで仕掛けると、インから体を寄せ気味に抵抗するサトノノブレスとともに前へ。相手に並ばれたところから力強く差し返し、重賞4勝目をマークした。「かわしてくれて良かった。この先も、このままキープできればいいと思います」。吉田隼がホッとした表情をのぞかせた。

 天皇賞・春はイレ込みが影響して12着。今回は調教段階からパシュファイヤーの装着を試し、落ち着かせるための工夫を凝らした。この日も装鞍所から装着してそのまま下見所を周回。返し馬で外して輪乗りに加わった。中川師は「きょうは装鞍所から落ち着いていたので、効いているのかは分からない」と話したが、とにもかくにも、地力を存分に発揮することができたのは間違いない。

 この後は天皇賞・秋には向かわず、春に描いた絵図通りジャパンC(11月27日・東京)から有馬記念(12月25日・中山)連覇を狙う。「使って体は良くなってくれると思う。完成形になってきている」とトレーナー。さらなる飛躍に向けて、視界はすこぶる良好だ。

最終更新:9/26(月) 8:45

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]