ここから本文です

<ブラマヨ小杉>M-1から「40キロ増」“わがままボディー”の現状明かす

まんたんウェブ 9/26(月) 22:54配信

 お笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」の小杉竜一さんが26日、東京都内で行われた映像配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」のオリジナルドラマシリーズ「Marvel ルーク・ケイジ」の試写会に出席。イベント直前に、なだぎ武さん、「バッファロー吾郎」の竹若元博さん、「2丁拳銃」の川谷修士さんと取材に応じた小杉さんは「太った?」と指摘されると、「自分の体のことを“わがままボディー”と呼んでますが、ちょっと太っちゃいました」と明かし、「M-1(2005年)から、40キロくらいちゃいます?」と話して報道陣を驚かせた。

【写真特集】ブラマヨ小杉、マーベル芸人の仲間入り?

 「ルーク・ケイジ」は、「デアデビル」「ジェシカ・ジョーンズ」に続くネットフリックスと米マーベル・コミックス共同製作のオリジナルドラマシリーズの第3弾。人体改造によって超人的なパワーと銃弾をも跳ね返す「鋼の肉体」を手に入れた無敵の新ヒーローが活躍する。小杉さんは、なだぎさんら“マーベル大好き芸人”の仲間入りを果たすためにイベントに参加した。

 同ドラマにちなみ、「肉体改造できるとしたら?」という質問に、小杉さんは「なで肩なので、もうちょっと吉川晃司さんみたいになりたい。おでこが狭いので(広くしたい)」などと語って“薄毛”へのコメントをやんわりと避けた。太ってしまったことについては「(体作りのために)ジムに行ってるんですが、すごく都心に行ってしまいまして、僕が最年小。全員おじいちゃんなので、覇気がない」と明かして笑いを誘っていた。

 イベントには、小杉さんらのほか、「セブンbyセブン」の玉城泰拙さん、「御茶ノ水男子」のおもしろ佐藤さんも、マーベル大好き芸人として、全員が銃弾の穴が開いたTシャツにジーンズというルーク・ケイジ風のファッションで登場。同ドラマの見どころ、マーベルキャラクターの魅力を語り合ったほか、ルーク・ケイジの鋼の肉体を目指して、誰が一番ルークにふさわしいか、足つぼマット歩行で競い合った。同ドラマはネットフリックスで30日に世界同時配信。

最終更新:9/26(月) 23:06

まんたんウェブ