ここから本文です

アンソニー・ホプキンス×アル・パチーノ×イ・ビョンホン競演! 『ブラック・ファイル』来年1月公開へ

cinemacafe.net 9/26(月) 20:30配信

『トランスフォーマー』シリーズや『セイフ・ヘイブン』など人気作に多数出演するジョシュ・デュアメルを主演に迎える『MISCONDUCT』(原題)が、『ブラック・ファイル 野心の代償』の邦題で、2017年1月7日(土)より公開することが決定した。

【写真】主演ジョシュ・デュアメル

全米を牛耳る巨大製薬会社。世間ではその薬害問題が報じられていたが、チャールズ・エイブラムス率いる弁護団は決定的な証拠を掴めずにいた。そんな中、野心家の若手弁護士ベン・ケイヒルは金髪の美女エミリーと出会い、機密の臨床ファイルを受け取る。その出会いをきっかけに、人間たちのありとあらゆる欲望、出世欲・金欲・独占欲・愛欲…が複雑に絡み合い、ケイヒルの人生は予想もつかない意外な展開に巻き込まれていく――。

野心に燃え、巨大な陰謀に翻弄される若手弁護士ベン・ケイヒルを演じるのはジョシュ。俳優デビュー時より出演していたTV番組「All My Children」にて第30回デイタイム・エミー賞助演男優賞を受賞、大ヒット作『トランスフォーマー』ではオートボット軍団を率いる軍人レノックス役を好演し、最新作『Transformers: The Last Knight』(原題)への出演も決定している、いま話題を集める注目株の俳優だ。

そして、ジョシュ演じるケイヒルが勤める弁護士事務所の代表チャールズ・エイブラムスを演じるのはアカデミー賞受賞俳優アル・パチーノ。そんな彼と対峙する巨大製薬会社の会長アーサー・デニング役には、映画史に残る悪役ハンニバル・レクターを演じた『羊たちの沈黙』で第64回アカデミー賞主演男優賞に輝き、『ニクソン』『世界最速のインディアン』『ヒッチコック』などに主演し、“ナイト”の称号を持つ名優アンソニー・ホプキンス。本作で2人は奇跡の初共演を果たす。さらに、主人公ケイヒルを執拗に追う謎の殺し屋に、『ターミネーター:新起動 ジェニシス』や『マグニフィセント・セブン』とハリウッド作への出演が続き、昨年のアカデミー賞ではプレゼンターを務めたイ・ビョンホンが熱演する。

ほかにはないほどのビッグキャストが集結した本作。そんな彼ら率いたのは、本作が監督デビューとなる日系人シモサワ・シンタロウ。42歳の新人監督は、これまで大ヒットドラマのスピンオフ「クリミナル・マインド 特命捜査班レッドセル」やケビン・ベーコン主演の「ザ・フォロウィング」にて脚本を手掛けるほか、清水崇監督のハリウッドデビュー作『THE JUON/呪怨』では共同プロデューサーを務めるなどハリウッドにて存在感を高める期待の新鋭だ。超

『ブラック・ファイル 野心の代償』は2017年1月7日(土)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。

最終更新:9/26(月) 20:30

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]