ここから本文です

佐藤健、好みのタイプは「ダンスができる女性」!

cinemacafe.net 9/26(月) 21:51配信

映画『何者』の主演・佐藤健と原作者の朝井リョウが、9月26日(月)に開催された学生限定試写会に登壇。サプライズゲストとして、メイクアップアーティストのIKKOも来場し、その場で学生たちから募ったお悩みに答えた。

【画像】『何者』舞台挨拶の様子

朝井さんの直木賞受賞作を佐藤さんをはじめ、菅田将暉、有村架純、二階堂ふみといった旬のキャストを迎え実写化。就職活動の中で嫉妬や葛藤を味わいながら、自分が何者であるかを知ることになる若者たちの姿を描き出す。

佐藤さんと朝井さんは、実は本作に携わる以前からの友人。朝井さんは映画化が決まった後、主演が佐藤さんになってかなり驚いたそう。「映画になると決まったくらいの頃、食事をして『もしオファーが来たら?』と話をしたんですけど、この作品は、決して主演が得をする映画でもないのに佐藤さんは『ちょっとね…』とか言ってたんですよ(笑)」とふり返る。

佐藤さんは「僕もオファーが来たとき、驚きました」と述懐。「難しい役で『やりたい!』というタイプの役じゃないし、キャスティングの段階でいろんな荒波を越えて、ここしか行くところがないと僕のところに来たのかな…と(笑)」と自身のところにこの役がたどりつくまでに思いを馳せつつ、ある種の運命を感じて受けたよう。

その上で朝井さんは、佐藤さんによる主人公の拓人について「観客を共感させないといけないので、すごくカッコいい人だとだめだよな…と思ってたらカッコいい人になっちゃった(笑)。でも、普段、というかいまも佐藤さんからは“妖気”のようなものが出てますけど、それを撮影では削ぎ落として、自然と観客が乗ろうと思うような舟になっていてくれました」と佐藤さんの就活生への変身ぶりを絶賛する。

この日は、会場の学生から直接、お悩みを募ったが、佐藤さん、朝井さんに加え、IKKOさんという力強い味方も加わる! IKKOさんは人を雇い、使う側の経験もあり、映画について「経営者の立場で見ても納得できた。特に健さんの目で語る演技がグイグイ来ました!」と称賛を送る。

就活を控え、自己PRが苦手だというある学生の言葉に、佐藤さんは「僕も就活未経験者ですが、自己PRのシーンはリアルに『やれ』と言われたらできないと思った」と深く頷く。朝井さんは、現在では専業作家として活動するが、就活、就職経験があり、そのときの体験をもとに「コミュニケーション能力って文章力です。主語と述語がねじれている人が多いけど、本をいっぱい読んで文章力を身に着けて」と作家ならではのアドバイス。IKKOさんは、自身がキャビンアテンダントに憧れ、JALの採用試験を受けたつもりでその場で自己PRを披露し喝采を浴びた。

また、「友達と話していても、聞き役に回ることが多いけど盛り上げ役になるには?」という学生の悩みに、佐藤さんはまたも「僕も舞台挨拶ですら完全に聞き役です!」と同調。もはや、学生と同じ目線で朝井さん、IKKOさんにアドバイスを求めるが、朝井さんは「聞き役であることが周りに浸透してるなら、無理に盛り上げ役に回らなくていい」とアドバイス。IKKOさんは「私も実は場を盛り上げるのは苦手だった」と告白し「社会人になると、どうやったら相手が喜んでくれるかを考えるのが大事で、そこに徹するのも必要」と相手に臨機応変に合わせることの重要性を説いていた。

また、大学で打ち込めることがないという女子学生に佐藤さんは「ダンスをやったらいい!」とアドバイス。理由を問われると「ダンスができる女性が僕の好み(笑)」と明かし、会場の笑いを誘っていた。

『何者』は10月15日(土)より全国にて公開。

最終更新:9/26(月) 21:51

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]