ここから本文です

米運送大手のUPS、ドローン配送のテストを開始

ITmedia ニュース 9/26(月) 11:36配信

 米貨物運送大手のUPSは9月23日(現地時間)、ドローンメーカーの米CyPhy Worksとの協力により、離島や被災地へのドローンによる商用貨物配送のテストを開始したと発表した。

テストは離島への救急医薬品配送というシナリオで実施された

 テストは、マサチューセッツ州ビバリーから、大西洋岸から約4.8キロ離れた小さな島Children's Islandに救急医薬品を届けるというシナリオで22日に実施した。UPSは「ドローンは、到達しにくい場所への緊急配送の素晴らしい解決策になる」と説明し、世界中の到達しにくい場所への人道支援物資の配送でのドローン活用も検討中としている。

 採用されたドローンは、CyPhyの「Persistent Aerial Reconnaissance and Communications(PARC)」モデル。離陸から着陸までを自動で行えるため、操作が簡単で、6ポンド(約2.7キロ)までの貨物を配送できるという。

 このテストは、米連邦航空局(FAA)が8月末に施行した新たな安全規則に準拠する。FAAは、米国では2016年中に商用ドローンが60万台に増加すると予測している。

最終更新:9/26(月) 11:36

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。