ここから本文です

【凱旋門賞】マカヒキが欧州の至宝獲りへ 日本馬は過去2着4回

デイリースポーツ 9/26(月) 6:04配信

 「凱旋門賞・仏G1」(10月2日、シャンティイ)

 刻一刻と決戦の日は近づいている。今年、日本馬として延べ20頭目の挑戦に臨むマカヒキ。本番と同じ舞台で行われた前哨戦ニエル賞を制し、世界制圧に向けて勢いは申し分なしだ。

 99年エルコンドルパサー、10年ナカヤマフェスタ、12-13年オルフェーヴルと、過去4度の2着がありながらいまだVはなし。立ちはだかる高き壁を打ち破り、日本競馬界の歴史を塗り替えてみせるか。

最終更新:9/26(月) 7:28

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。