ここから本文です

国会の国政監査始まる 政争で与党はボイコット=韓国

聯合ニュース 9/26(月) 15:31配信

【ソウル聯合ニュース】韓国国会で政府機関などに対する今年の国政監査が26日、始まった。来月15日まで691機関を対象に行われる。ただ、与党セヌリ党は本会議で野党が金在水(キム・ジェス)農林水産食品部長官の解任案を可決させたことに反発し、国政監査に参加しない方針を決めたことから難航が予想される。

 国政監査初日の26日、セヌリ党議員が委員長を務める国防委員会や法制司法委員会など5委員会は国政監査に向けた全体会議を開催できず、野党が委員長の外交統一委員会や教育文化体育観光委員会など7委員会は野党議員だけが出席する中、担当機関の監査を行った。

 セヌリ党は激しく反対していた金氏の解任案を採決にかけた丁世均(チョン・セギュン)国会議長が辞任するまで議事日程をボイコットする方針だが、丁氏は受け入れない意向を表明しており、事態が長期化する懸念がある。

最終更新:9/26(月) 15:37

聯合ニュース