ここから本文です

北海道新幹線の利用者、半年間で在来線の約1.8倍

レスポンス 9/26(月) 15:52配信

今年3月に開業した北海道新幹線を運営するJR北海道は9月26日、開業後6カ月間(3月26日~9月25日)の同線の利用状況を発表した。前年同時期の在来線列車に比べ、1.8倍近く増えた。

[関連写真]

発表によると、新青森~新函館北斗間の『はやぶさ』『はやて』利用者数は、1日平均で約7800人。前年同時期の在来線列車(中小国~木古内間で1日平均約4400人)の1.77倍になった。在来線列車から夜行列車の利用者を除いて比較すると、2.09倍になる。

1日平均の乗車率は39%で、座席別では普通車40%、グリーン車32%、グランクラス38%。JR北海道によると、台風10号の影響で8月30日に14本の列車が運休したものの、それ以外はおおむね好調に推移したという。

《レスポンス 草町義和》

最終更新:9/26(月) 15:52

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。