ここから本文です

小倉氏、ゴーストライター報道の加山を「さすが豪傑」

デイリースポーツ 9/26(月) 11:24配信

 キャスターの小倉智昭氏(69)が26日、フジテレビ系「とくダネ!」で、ゴーストライター疑惑が報じられた歌手・加山雄三へ、番組で取り上げる事を知らせるメールを送ったところ、寝ていて番組を見なかったという返事が返ってきたと明かし「端っから自分にはゴーストライターなんていないっていう感覚だった」と、コメントした。

 番組では、24日に行われた加山出演のライブ会場の様子を放送。直撃取材にはNGが出たものの、会場の盛り上がりの様子などを伝えた。

 加山は週刊文春に、60年代の代表曲が外国人作詞家が作ったのではという“ゴーストライター”疑惑が報じられ、「とくダネ!」でもそのことを報じたが、小倉キャスターは「先週、この騒動をお伝えする前に気になったので、加山さんにメールしたんですよ」と連絡を取ったことを明かした。

 小倉キャスターは「普通、こういうことがあったら気になって情報番組を見るじゃないですか」と、コメント。だが番組終了後に小倉キャスターに届いた返事には「ごめん、ごめん、寝ちゃっててさあ」と、まるっきり番組を見られず詫びる文面だったという。

 「もうね、端っから自分にはゴーストライターなんていないっていう感覚。さすが豪傑で相手にしてない。若大将健在なり」と、加山の様子を報告していた。

最終更新:9/26(月) 11:27

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]