ここから本文です

折笠良「水準原点」がオタワ国際アニメーション映画祭で最優秀実験・抽象作品賞に

映画ナタリー 9/26(月) 13:01配信

現地時間9月21日から25日にかけてカナダで開催されたオタワ国際アニメーション映画祭にて、折笠良の「水準原点」が最優秀実験・抽象作品賞を受賞した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「水準原点」は、詩人・石原吉郎の詩をもとにした短編作品。今年6月にクロアチアで行われたザグレブ国際アニメーション映画祭では、日本人の監督作として初めてゴールデンザグレブ賞に輝いた。今回のオタワでの受賞に際し、折笠は「ノーマン・マクラレンやピエール・エベールをはじめ、この国の実験的な作家・作品に多大な影響を受けてきました。この受賞を励みに探求を続けていきたいと思います」とコメントを寄せた。

なお最優秀長編作品賞にはJean-Francois Laguionieの「Louise en hiver(原題)」、インディペンデント最優秀短編作品賞にはDiane Obomsawinの「J'aime les filles(原題)」が選出された。

※Jean-Francois Laguionieのcはセディーユ付きが正式表記

折笠良 コメント
今回40周年を迎えたオタワ国際アニメーション映画祭でこのような賞をいただけて、とても光栄です。ノーマン・マクラレンやピエール・エベールをはじめ、この国の実験的な作家・作品に多大な影響を受けてきました。この受賞を励みに探求を続けていきたいと思います。

最終更新:9/26(月) 13:01

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]