ここから本文です

皆さんお待ちかね!島本版「Gガンダム」最終巻が発売、レディーゴー!

コミックナタリー 9/26(月) 13:41配信

島本和彦「超級!機動武闘伝Gガンダム 最終決戦編」の最終4巻が、本日9月26日に発売された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

同作は1994年から1995年にかけてテレビ放送されたアニメ「機動武闘伝Gガンダム」を、アニメでキャラクターデザインに協力した島本がコミカライズしたもの。アニメを監督した今川泰宏が脚本を手がけ、月刊ガンダムエース(KADOKAWA)2010年9月号から2016年10月号にかけて連載されていた。「新宿・東方不敗!」「爆熱・ネオホンコン!」「最終決戦編」とエピソードの区切りごとにタイトルが変更されており、単行本は全26冊になる。

なお同じく本日発売の月刊ガンダムエース11月号には、アニメ版の脚本を担当した山口亮太と島本の対談が掲載。2人の対談は10月号にも掲載されていたが、今号のものは好評に応えて1万5000字を超える非圧縮の完全版になっている。

最終更新:9/26(月) 13:41

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]