ここから本文です

青柳、今季最終登板で4位フィニッシュきっかけ作る

デイリースポーツ 9/26(月) 12:57配信

 27日のヤクルト戦(甲子園)に先発予定の阪神・青柳晃洋投手(22)が26日、甲子園で行われた投手指名練習に参加。キャッチボールなどで最終調整を行い「自分の投球をして、勝てるようにしたいです」と今季最終登板へ気合を入れた。

 今年、対ヤクルト戦は1勝1敗で防御率5・73。「左打者が多い中で、そういう意識で投球練習をやってきました」と準備を整え、決戦を見据えてきた。

 また、4位の燕とは0・5ゲーム差と肉薄している。「勝って終われるようにしたいです」。ルーキー右腕がヤクルト打線を封じ込め、虎の4位フィニッシュの立役者になる。

最終更新:9/26(月) 13:17

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]