ここから本文です

トリプルアクセル成功の紀平が帰国 女子では史上7人目

デイリースポーツ 9/26(月) 13:10配信

 フィギュアスケートのジュニアグランプリ(GP)シリーズ第5戦スロベニア大会のフリーで、女子史上7人目のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功し、優勝した紀平梨花(14)=関大KSFC=が26日、同大会2位の本田真凜(15)=大阪・関大中=と共に帰国し、大阪・伊丹空港に到着した。

 試合前の公式練習でも女子ではこれまで6人しか決めていない大技を成功させ、「トリプルアクセルは1番ポイントだと思っていた。いける感じはしていたし、前回の試合より、もう少し自信はあった」と強気で臨んだ今大会。決まった瞬間は「普通に降りれてしまって。演技が終わってから、あぁ決まった、うれしいなって。後から来ました」とあどけない笑顔で振り返った。

 SP、フリーを通してジャンプのミスなく演技を終え、フリー128・31点、合計194・24点は自己ベストを更新。SP2位からの逆転優勝で、12月のジュニアGPファイナル(フランス・マルセイユ)初進出も決まった。

 トリプルアクセルは長年フィギュア界をけん引する浅田真央の代名詞でもある。紀平自身、浅田に憧れ、跳び方も参考にしてきた。報道陣の「少し近づけた?」という質問には「近づけてはないけど…。今回の試合はいい経験になりました」と話した。

最終更新:9/26(月) 23:04

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています