ここから本文です

【パリモーターショー16】キアの小型MPV、カレンス …初の大幅改良

レスポンス 9/26(月) 18:06配信

韓国キアモーターズ(起亜自動車。以下、キア)は9月23日、『カレンス』(CARENS)の改良新型モデルの概要を明らかにした。実車は9月29日、フランスで開幕するパリモーターショー16で初公開される。

カレンスは、キアモーターズの小型MPV。韓国でのネーミングは、『ロンド』(RONDO)。初代は1999年に誕生し、2002年には2代目に移行。2012年秋、パリモーターショー12では、3世代目モデルとなる現行型が登場している。

現行カレンスは、ヒュンダイグループの新開発プラットフォームを採用。その上に、エアロダイナミクス性能を追求したスタイリッシュなボディを載せた。3列シートの室内は、キャブフォワード&ロングホイールベースにより、最大7名乗車を可能にする。

パリモーターショー16では、現行カレンスがデビュー4年を経て、初の大幅改良を実施。外観は、前後バンパーやフォグランプのデザインを変更。キアのアイデンティティの「タイガーノーズ」と呼ばれるフロントグリルも、デザインを見直した。

インテリアは、素材の変更によって、質感の向上を追求。安全面やコネクティビティにはアップデートを施し、新開発のJBLプレミアムサウンドやインフォテインメントも用意されている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:9/26(月) 18:06

レスポンス