ここから本文です

「上々軍団」さわやか五郎 芸人初のアイドルばり誕生日イベント開催

東スポWeb 9/26(月) 21:00配信

 お笑いコンビ「上々軍団」のさわやか五郎(34)が26日、都内で「さわやか五郎バースデーイベント」を行った。

 さわやか五郎はNHK「爆笑オンエアバトル」で番組史上3組(ますだおかだ、タイムマシーン3号、上々軍団)しかいない「満点」を獲得した実力派コンビのボケ担当。所属事務所の後輩であるハロプログループのイベントや誕生日イベントの司会なども務める。その流れで芸人史上初、アイドルばりの誕生日イベントに挑戦した。

 司会のハロプログループ「こぶしファクトリー」の藤井梨央(17)の呼び込みを受け、ファンの拍手に迎えられた五郎。「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)でギャラのない「モニター横芸人」として、明石家さんま(61)の笑いを取った「歌いながら、口にくわえた綿棒を鼻の穴に突っ込む」ネタを披露。爆笑をさらうも「いつも(ハロプロの)ファンからブーイングしか受けてないから、逆にこぇーよ!」と素直に受け取れないようだ。

 イベントには相方の鈴木啓太(34)も花束を携えて登場。「ハッピーバースデー」と恥ずかしそうに祝福した。

 最後は特技のギター、ピアノでの弾き語り。「メロディ・メーカー」(7!!)、「My Days for You」(真野恵里菜)を歌うと、ペルー出身の歌手エリック・フクサキ(25)と「LovendoЯ」の田中れいな(26)がサプライズゲストとして登場。最後は持ち歌「ランドマークタワーで秘密のデート」を熱唱した。胸アツのフィナーレに本人も満足そうだった。

 終了後、五郎が「歌が気持ちよくてしょうがなかった」と言えば、鈴木は「めちゃくちゃぜいたくなカラオケを楽しんでいた。コイツ、職権乱用してますよ!」とツッコミ。藤井は「いつも司会をやっていただいているので、私が司会できてよかった。楽しかった!」と笑顔で話した。

 コンビとしての今後については「どんな場所に行っても、笑いを取れる芸人になりたいです!」(五郎)と語った。

最終更新:9/26(月) 21:18

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]