ここから本文です

【ハノーバーモーターショー16】オーバー200km/h、ギネス記録最速トラック「アイアン ナイト」発見…ボルボトラックス

レスポンス 9/26(月) 19:36配信

日本では馴染みが薄いが、北米や欧州では大型トラック(正確にはトレーラートラックのトラクター)のレースが盛んだ。ハノーバーモーターショーで、ボルボトラックス『FH』をベースとした最速記録を持つ「アイアン ナイト(IRON KNIGHT」を発見した。

[関連写真]

エンジンはチューンした「D13」にスーパーチャージャーおよびターボチャージャーを搭載したもの。最高出力は2400PS、軸出力(トルク)は6000Nm。車両重量は4.5トン。トランスミッションはUDと共同開発した電子制御のi-Shiftをデュアルクラッチで搭載している。

最高速チャレンジは、500mと1000mをそれぞれ往復しその平均速度が記録となる。500mの記録は、13.710秒(片道)、平均速度は131.291km/h。1000mでは21.290秒、平均速度169.093km/h。最高速度は276km/hを記録している。

ドライバーのボイエ・オヴェブリンク氏も会場にきており、ファンのサインに応じたりしていた。オヴェブリンク氏は、1992年から2001年までヨーロッパのトラックレースで活躍したチャンピオンドライバーだ。2000年以降、伝説のトラックドライバーとして、ボルボトラックスのエキシビジョンマッチや速度記録などで多くの実績を残している。VNハイブリッドトラック「Mean Green」では、フェラーリとの加速競争に勝っている。

チャンピオンをとるのと速度記録への挑戦とどっちが簡単か?、と聞いてみたところ「どっちも難しいよ。シリーズポイントを追うのと一発勝負は比較しにくいね」と答えてくれた。

《レスポンス 中尾真二》

最終更新:9/26(月) 19:36

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。