ここから本文です

【ハノーバーモーターショー 16】謎のガンダム風トラック…IVECO

レスポンス 9/26(月) 21:00配信

詳細スペックは不明だが、IVECOのブースではバイオLNGを燃料とするガスエンジンのコンセプトモデルが展示されていた。

[関連写真]

センターコックピットの一人乗りのため、かなり特徴のあるデザインで、完全にアニメか映画のロボットの顔に見える。キャビンの天井は高く180cmの大人が普通に立って歩くことができる。

キャビン後方は、自動運転を想定したバーカウンターが設置され、右側はリラックスできるソファのようなシートが設置されている。

乗り降りは左側のドアから行う。ドアの開閉とともにボーディングブリッジ式のステップがでてくるようになっている。サイドミラー、ルームミラーはカメラ・ディスプレイに置き換えられており、タイヤにはミシュランのスマートタイヤが装着されていた。

このコンセプトカーは、LNGエンジン専用のオイルを販売しているPETRONAS(IVECOのパートナー企業)のPRのために作られたもので、仮眠室がなかったり、バーカウンターがあったり、ソファシートにはベルトなかったり、あくまでコンセプト優先のショーモデルだ。

EUでは、将来的な環境性能基準クリアのため、トラックもEV化が避けられないとされているが、大型・長距離輸送においては、当面クリーンディーゼル、ハイブリッド、バイオLNG、FCVに頼らざるをえない。ハイブリッドエンジンとガスエンジンは技術も安定しており、オルタナティブ(代替エンジン)として有力なものされているので、このようなショーモデルが作られた。

《レスポンス 中尾真二》

最終更新:9/26(月) 21:00

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。