ここから本文です

GRANRODEO、怒濤の演出と“ウソのないキレイごと”で飾った「G11 ROCK☆SHOW」

音楽ナタリー 9/26(月) 16:48配信

9月19日、GRANRODEOがライブ「G11 ROCK☆SHOW -TRECAN PARTY」を東京・国立代々木競技場第一体育館で開催した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

GRANRODEOは、ここ数年「G+結成からの年数」を冠したナンバリングシリーズのライブを開催。結成11周年を祝う今年の「G11 ROCK☆SHOW」にはおよそ1万人のGRANRODEOファン、通称“ロデオガール”と“ロデオボーイ”が集結した。

ライブの幕開けを飾ったのはミディアムチューン「帰結する共犯者」。煽り映像の中のアニメキャラクターが導火線に火を付けたのと連動して、ステージ上のバズーカ砲が轟音を発すると同時に1万人の前に姿を現したKISHOW(Vo)とe-ZUKA(G)は、サポートメンバーの瀧田イサム(B)、長井“VAL”一郎(Dr)と共にこの曲や、e-ZUKAと瀧田がユニゾンタッピングで魅せる「ケンゼンな本能」など、オールドスクールな正調ヘヴィメタルナンバーでライブ序盤のセットリストを構成した。

そして、この日のライブタイトル「TRECAN」が「TREASURE CANDY」の略称であることになぞらえて、KISHOWが「オレらキレイごとが大好きだから、たぶんアンコールで『今日、宝物が見つかりました。皆さんの笑顔です』って言うと思うから」と笑ったのち、2人は多彩な演出で周年公演を彩ってみせる。「Beat it, Love!」や「Punky Funky Love」ではサックス、トランペット、トロンボーンからなるFIRE HORNSとファンキーなセッションを繰り広げ、「Lovers High」では8人の女性ダンサーと共にキレのあるダンスを披露。また瀧田、長井、FIRE HORNSによるセッションタイムに続いてステージに1人登場したe-ZUKAは、天井に届かんばかりの高さへとフライングしながらテクニカルなギターソロを体育館いっぱいに響かせる。さらに「偏愛の輪舞曲」のイントロではエアリアルダンサーがその天井から吊られたシルクのロープでアクロバチックなパフォーマンスを繰り広げた。

「RIMFIRE」や「modern strange cowboy」などキラーチューンを連発した2人がライブ本編のラストナンバーにセレクトしたのは、KISHOW曰く「ナンバリングライブでは必ずやる曲」にして「みんなの曲」である「We wanna R&R SHOW」だ。e-ZUKAの弾くピアノをバックにKISHOWが歌い出すと、FIRE HORNSが合流。GRANRODEO、瀧田、長井、FIRE HORNSは、いくつもの火柱が吹き上がるステージで、このスケール感あるロックナンバーを高らかに奏でてみせた。

アンコール2曲目、アニメ「IGPX Immortal Grand Prix」のオープニングテーマ「Go For It!」で17回の「IGPX」コールを煽ったKISHOWは、続くMC中に「オレ、今日宝物を見つけちゃったかもしれないです」と予告通り“キレイごと”を繰り出して1万人の笑いを集めてみせる。しかしその直後には「それはみんなの笑顔とオレたちの笑顔が混ざり合って生まれた“希望”の光です」「今からその“かなた”を目指したいと思います」と宣言。「希望の彼方へ」をジェントルに歌い上げてステージをあとにした。

それでも収まらないアンコールに再度応えて、e-ZUKA、瀧田、長井と共にステージに舞い戻ったKISHOWは「みんなの『チケット代の元を取ってやろう』っていう気持ち、ちゃんと伝わったよ」と笑顔でひと言。そしてFIRE HORNSとダンサー陣を呼び込むと、ステージの面々とロデオガール、ロデオボーイの“バラ色ライフ”を祝福する楽曲「バラライ」を1万人とシンガロングして、今年の「ROCK☆SHOW」を締めくくった。

GRANRODEO LIVE 2016 G11 ROCK☆SHOW -TRECAN PARTY
2016年9月19日 国立代々木競技場 第一体育館 セットリスト
01. 帰結する共犯者
02. ケンゼンな本能
03. Pink Phantom
04. TRASH CANDY
05. NO PLACE LIKE A STAGE
06. Passion
07. ブランニューDAY
08. CANNON★BALL
09. Beat it, Love!
10. Punky Funky Love
11. Lovers High
12. Can Do
13. Once & Forever
14. 背徳の鼓動
15. 偏愛の輪舞曲
16. RIMFIRE
17. 紫炎
18. ROSE HIP-BULLET
19. modern strange cowboy
20. We wanna R&R SHOW
<アンコール>
21. HEAVEN
22. Go For It!
23. 希望の彼方へ
<ダブルアンコール>
24. バラライ

※「GRANRODEO LIVE 2016 G11 ROCK☆SHOW -TRECAN PARTY-」の正式表記には「TRECAN」と「PARTY」の間にはキャンディーマークあり。

最終更新:9/26(月) 16:48

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]