ここから本文です

<Wコラム>朝鮮王朝おもしろ人物列伝(金介屎編)~王に仕えた悪の女官

WoW!Korea 9/26(月) 22:25配信

金介屎(キム・ゲシ)は、女官でありながら強い政治力を持った女性だった。その一方で悪女としても知られている。いったい、彼女は女官としてどのような人生を歩んだのだろうか。


■女官としての立場

 幼くして王宮に入った金介屎。後に14代王・宣祖(ソンジョ)の側で仕えた。

 宣祖は、側室から生まれた庶子だったため、正室の産んだ息子を後継者にしたいと考えていた。しかし、最初の正室の懿仁(ウィイン)王后は息子を産むことができなかったので、側室の産んだ息子から選ばざるを得なくなった。その候補にあがったのは、長男の臨海君(イメグン)と二男の光海君(クァンヘグン)の2人だ

 朝鮮王朝には「後継者は必ず長男がなる」という決まりがあり、本来なら長男の臨海君が選ばれるのが筋だ。しかし、臨海君は1592年に起きた豊臣軍の朝鮮出兵の際に、加藤清正軍の捕虜となってしまう。そのときの屈辱が忘れられず、臨海君は荒れた生活を送るようになった。

 一方、豊臣軍との戦いで大きな活躍を見せた光海君。後継者として立場的に有利だった彼は、金介屎の工作が功を奏したこともあって世子に指名される。

 しかし、最初の正室である懿仁王后が世を去った後、光海君の立場を危うくする出来事が起きる。宣祖に新たな王妃として迎えられた仁穆(インモク)王后が、1606年に息子の永昌大君(ヨンチャンデグン)を産んだのである。

 念願だった嫡子(ちゃくし)の誕生をとても喜んだ宣祖だが、永昌大君を世子にするという願いは叶わず、1608年に世を去ってしまう。

 仁穆王后は、2歳の永昌大君に王位を継がせるのは無理と判断し、世子に指名されていた光海君が15代王となる。その裏では、金介屎がうまく立ち回って光海君の即位に一役買っていた。


■仁穆王后との対立

 15代王として即位した光海君だが、そのことに対して金介屎はこう思っていた。

「永昌大君が生きている限り、殿下の地位は安定しない」

 1613年、金介屎が永昌大君を排除するための口実を探していた際に、名門出身の庶子たちが起こした強盗殺人事件が起こる。

 朝鮮王朝時代には厳しい身分制度があり、たとえ名門出身だとしても庶子は差別の対象となった。

 そんな鬱憤(うっぷん)を晴らすために集まって酒を飲みながら騒いでいた7人の行動を、周りの者たちは不快に思っていた。そのときに強盗殺人事件が近くで起きたため、7人は容疑者として疑われてしまう。

 それを知った金介屎は、「命を助けてやるから、こちらの言う通りにしろ」と7人の庶子に持ちかけて彼らの了承を得た。すると、その中の1人である朴応犀(パク・ウンソ)は、「武器や食糧を集めているのは大きなことを成し遂げるためです」と語り、仁穆王后の父親が永昌大君を王にしようと企んでいることを話した。

 しかし、それは朴応犀が命欲しさに語った嘘だが、高官たちは彼の言葉を信じた。それくらい金介屎のたくらみは用意周到だった。

 結果、仁穆王后の父親は処刑され、母親も最下層の身分である奴婢となる。当然、その影響は仁穆王后と永昌大君にも及ぶ。

 仁穆王后は、自分の息子の永昌大君を何としてでも守ろうとして強く抱きしめるが、金介屎は腕力の強い女性を10人ほど集めて2人を強引に離れさせた。その後、永昌大君は江華島(カンファド)に流され、そこで金介屎の放った刺客によって殺された。

 家族が悲劇に見舞われて絶望した仁穆王后は、西宮(ソグン/現在の徳寿宮〔トクスグン〕)に幽閉された。


■金介屎の最期

 1623年、光海君が王となってから15年が過ぎた。その間に起こった骨肉の争いにより多くの血が流れた。側近たちが行なったことだが、光海君は多くの人々から怨まれていた。

 いまにも反乱が起こりそうな空気が渦巻いていたが、金介屎はそれに気づいていない。側近が、政変に対する備えの必要性を光海君に訴えても、金介屎は「心配ありません」と光海君に何度も言い続けた。

 1623年3月12日にクーデターが起こった。首謀者は宣祖の孫の綾陽君(ヌンヤングン)だ。彼は、弟の綾昌君(ヌンチャングン)が謀叛を企てた罪で処刑されたことで、光海君に怨みを抱いていた。

 うかつにも、クーデターが起こったときの対策を取っていなかった光海君は、慌てて王宮から逃げ出すが捕えられ、江華島への流罪となった。

 王の陰に隠れて何人もの命を奪った金介屎。多くの人々から怨まれていた彼女は、光海君が廃位にされた後、誰からも同情されることなく斬首された。金介屎は、女官という立場でありながら多くの悪事を働いたために、「悪の女官」と呼ばれ続けている。


文=康 大地【コウ ダイチ】
(ロコレ提供)

最終更新:9/26(月) 22:25

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]