ここから本文です

19年に全線開業予定の大阪新路線、4つの新駅を発表

ITmedia ビジネスオンライン 9/26(月) 19:12配信

 西日本旅客鉄道(JR西日本)と大阪外環状鉄道が整備を進めている「おおさか東線」のうち、北区間の新駅の概要が9月26日に発表された。西吹田、淡路、都島、野江(いずれも仮称)の4駅となった。

【おおさか東線路線図】

 おおさか東線は新大阪駅と久宝寺駅を結ぶ全長20.3キロメートルの路線。南区間に当たる放出~久宝寺は2008年3月に開業した。今回発表の新駅は2019年春に開業予定の北区間、新大阪~放出間に設置する。

 設置位置は、西吹田が大阪府吹田市南吹田(新大阪駅から約2.0キロメートル地点)、淡路は大阪市東淀川区菅原(西吹田駅から約1.3キロメートル地点)、都島は同市旭区赤川(淡路駅から約2.1キロメートル地点)、野江は同市城東区野江(都島駅から約2.2キロメートル地点)。

 4駅とも相対式ホーム2面で、8両編成に対応。エレベーターは2基(各ホーム1基)、エスカレーターは4基(各ホーム上り・下り)を備える。

最終更新:9/26(月) 19:12

ITmedia ビジネスオンライン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。