ここから本文です

CCIがビデオリサーチの「SiteGraphics」を導入

ITmedia マーケティング 9/26(月) 19:53配信

 サイバー・コミュニケーションズ(以下、CCI)は、ビデオリサーチが提供するターゲティング広告配信の課題解決サービス「SiteGraphics(サイトグラフィックス)」を導入したと発表した。

 SiteGraphicsは、サービス利用者がDMPなどで管理しているユーザーデータにプロフィール(属性情報)を類推して付与するサービスだ。ユーザーの行動データとビデオリサーチグループの調査データをベースに、機械学習技術を用いてプロフィールを類推する。行動データのみに基づくセグメントと比較して、より多くのセグメントボリュームを確保でき、ターゲットを絞らずに配信する場合よりも、興味関心の高いユーザーに到達することが期待できるため、見込み層を捉え、効率的な認知獲得、知名度向上に活用できる。

 CCIは、より多くのセグメントボリュームを確保しつつ、興味関心層へ到達するために同サービスを導入した。同社のデータセリングネットワーク「PrediX」が保有するオーディエンスデータに類推プロフィールを付与していくことで、広告配信量を確保しつつも細かなターゲティング条件の設定を可能とし、興味関心層にアプローチすることができるようになる。

最終更新:9/26(月) 19:53

ITmedia マーケティング

なぜ今? 首相主導の働き方改革