ここから本文です

【スプリンターズS馬体診断】レッドファルクス

デイリースポーツ 9/26(月) 17:42配信

 「スプリンターズS・G1」(10月2日、中山)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、スプリンターズSに出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真】馬券予想の参考に…その他の主な出走予定馬一覧

 【レッドファルクス=評価B】

 以前は極端に体の増減があり、安定しない時期もあったが、今年は470キロ前後をキープ。ゆとりを持ったローテも相まってはいるが、年を重ねてきたことで体質面が強化されてきたと捉えていい。

 明らかなスプリンターといった体形ではないが、背丈が低く回転力のある走法が特徴。全体のバランスを考えると首差しは立派過ぎるが、体の均整は取れており、適度な張りを維持しつつ、いい意味でシャープさがある。順調に仕上がりは進んでいると判断していい。(馬サブロー美浦・石堂道生)

 〈1週前追い切り診断〉美浦Wで6F83秒8-38秒2-12秒7(一杯)。以前よりは右回りでもスムーズに動けるようになっている。伸び脚にも迫力があり、充実著しい。

最終更新:9/26(月) 18:20

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]