ここから本文です

【スプリンターズS馬体診断】シュウジ

デイリースポーツ 9/26(月) 17:42配信

 「スプリンターズS・G1」(10月2日、中山)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、スプリンターズSに出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真】馬券予想の参考に…その他の主な出走予定馬一覧

 【シュウジ=評価A】

 橋口弘厩舎の定年解散に伴い、須貝厩舎に転厩。カイバや調整法が違うこと+春の目標がNHKマイルCとなり、コース追いを取り入れたため、馬体のシルエットは明らかに変わった。

 さらに夏の北海道シリーズも基本はコース追い。筋肉の質も変わったのか、伸びのあるトモ高の体形に変化した。しかし栗東の坂路で調整されるようになってからは、前腕のボリュームが増し、2歳時のような正方形のシルエットに変貌。ようやくスプリンターとして大成するための下地ができた印象。スピードにパワーを兼備。短めのつなぎや爪から気持ち時計がかかる馬場が合いそうだ。

 〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F52秒0-37秒7-11秒8(一杯)。レッドヴェルサス(3歳500万下)に1秒1先着した。折り合い良く運んで抜群の伸びを発揮。気配は絶好だ。

最終更新:9/26(月) 18:22

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]