ここから本文です

サイカ、プロモーション効果分析ツール「XICA magellan」を正式リリース

ITmedia マーケティング 9/26(月) 19:56配信

 統計テクノロジーベンチャーのサイカは、プロモーション効果分析ツール「XICA magellan(サイカ マゼラン)」(以下、マゼラン)の正式リリースを発表した。これまで、DMM.comラボやオールアバウトライフマーケティングといった一部の企業に限定して提供してきたが、利用企業から要望のあった機能の実装や限定提供により有用な事例を得られたことから正式リリースに踏み切った。

【その他の画像】

 マゼランは、統計分析に基づいた「全体最適×高速PDCA」を実現するマーケティング・ミックス・プラットフォーム(特許申請中)だ。統計分析の手法を利用して、リスティングやディスプレイなどのオンライン広告だけでなくSNSや動画、さらにテレビや雑誌といったオフライン広告に至るまであらゆるマーケティング施策のプロモーション効果を統合的に可視化する。マーケティングに関わるさまざまなデータがどのように関わりあっているのか、全体的なカスタマージャーニーと各経路の影響力を把握できる。

 各種分析データは日々更新。API接続によって自動的に収集されたデータに対してリアルタイムで分析を行い、高速PDCAを実現するという(一部API非対応)。統合分析によって導かれた広告施策の効果をもとに、最適なプロモーション予算の配分案も算出できる。PC領域など、各種の施策カテゴリーのみの部分最適ではなく、全体最適からみた費用対効果の最大化を支援する。

 広告予算の最適配分案をもとにした目標CPAを広告メニュー別に算出することもできる。ラストクリックだけでなく間接的な効果も加味した“最適CPA”は、マーケティング活動全体の成果最大化に向けた日々の広告運用を支えるという。

 本サービスの技術顧問は、統計学・行動経済学・心理学を応用したマーケティング研究を行う慶慶応義塾大学経済学部の星野崇宏教授と2015年にデータサイエンティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞した原田博植氏が務めている。

最終更新:9/26(月) 19:56

ITmedia マーケティング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]