ここから本文です

【スプリンターズS馬体診断】ブランボヌール

デイリースポーツ 9/26(月) 17:42配信

 「スプリンターズS・G1」(10月2日、中山)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、スプリンターズSに出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真】馬券予想の参考に…その他の主な出走予定馬一覧

 【ブランボヌール=評価C】

 適度に長い首差しで肩の角度が立ち気味。さらにトモ高で腹が巻き上がっているシルエットは、デビュー時から変わっていない印象だ。前走は20キロ増だったが、新馬戦と比較するとわずか2キロ増。馬体重が示す通り、成長力ではなく減った分が戻ったものだ。

 洋芝巧者を存分に発揮し、これで北海道は3戦3勝。馬体のサイズは違うが、母のルシュクルも函館と札幌で全勝ち鞍の3勝を挙げているのは偶然ではないだろう。1週前追い切り後で体は維持しているが、来週の調整と中山までの長距離輸送は心配の種。相手強化+大きな上積みがない姿形からは強調材料を欠く。

 〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F54秒0-38秒9-13秒0(G強め)。スムーズに折り合って、ラストまでしぶとく伸びた。好調をキープしている。

最終更新:9/26(月) 18:24

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ