ここから本文です

Twitterで「わいせつ広告」が急増、業績不振が理由とうわさも Twitter広報に聞いてみた

ねとらぼ 9/26(月) 23:17配信

 Twitterでわいせつな広告が多く表示されるようになった――9月23日ごろからTwitterユーザーの間でこうした指摘が相次いでいます。23日に米Twitter社が業績不振に陥っていると各メディアが報じたのもあってか、こうした広告の出稿を受けなければならないほど経営が悪化しているのでは、といううわさも同時に飛び交っています。Twitter Japan広報部に内情を取材しました。

【問題となった広告の例】

 指摘されているのはタイムラインで表示されるプロモーションツイート。リンク先のサムネイル画像が局部のきわどいところを写していたり、出会い系サイトの宣伝だったりと、成人向け広告が増えたという声が多くあがっています。「Twitterは審査なしで広告許可してるの?」「エロ広告は弾こうよ」と運営方法に疑問を呈するユーザーも。

 米Twitter社の買収をグーグルなどが検討しているという報道もあった影響か、Twitterの業績が傾いているためわいせつな広告を受けるようになったのではと推測する人もいます。「とうとう女のテカテカした尻がプロモーションで流れてくるようになったんですけど、逆にどうしたらお前のこと救ってやれるのか教えてくれよ、Twitter」と嘆いたツイートは、5000回以上リツイートされるなど共感を集めました。

 Twitterでは以前から「成人向けまたは性的な製品およびサービス」の広告活動を全世界で禁止するポリシーを公表しています。広報部によると「広告は現在もこのポリシーに基づいて審査しています」と、成人向け広告は今も容認していないと回答。それでも各ユーザーに表示されてしまうのは、「広告主様が広告代理店を通さずオンラインで直接広告を出される場合、そのすべてを事前に人間が審査していない」からだそうです。

 Twitterには投稿済みのツイートをツイートアクティビティ画面から手軽にプロモーションできる、中小企業や個人向けの広告サービスがあります。こちらはTwitter社の事前確認を介さず、広告主のフォロワーに基づくアルゴリズムで、広告の内容を好むだろうと判断されたユーザーへ自動表示されます。「この場合、広告が出された後に確認して変更をお願いしたり、利用者の方々からのご報告を調査して止めたりします」(広報部)。

 最近わいせつな広告表示が増えていることについては、「全体的に広告主が増えているので、これにともなう形でポリシーに違反する広告も増えてしまい、ユーザーの皆様に表示される機会が多くなってしまった可能性が考えられます。ご迷惑をおかけして申し訳ございません」と謝罪。ユーザーが報告しやすいようUIを変更したり、報告を受けてから調査を迅速に行えるよう社内の仕組みを見直したりしているそうです。

 「わいせつな広告を受けなければならないほど経営が落ち込んでいるのか」といううわさには、「利用者の皆さまに弊社の経営についてのご心配をおかけし、大変申し訳ありません。グローバル全体でみると今年の前半は確かに収益は伸びませんでしたが、おかげさまで日本は利用者数もビジネスも良いペースで成長を続けておりますし、ご心配いただくほどではないと存じます」とコメント。特に業績不振は関係ないと否定しました。

 「Twitterで頂戴しましたご意見は関係チームに共有させていただいており、今後も改善に努めてまいりますので、引き続きご支援、ご鞭撻(べんたつ)を頂戴できますようお願い申し上げます」(広報部)。

最終更新:9/27(火) 11:33

ねとらぼ

なぜ今? 首相主導の働き方改革