ここから本文です

M3の日本ハム 大谷が適時打 六回に3点を追加

デイリースポーツ 9/26(月) 19:41配信

 「オリックス-日本ハム」(26日、京セラドーム大阪)

 日本ハムの大谷翔平投手が貴重なタイムリーを放った。

 1点リードで迎えた六回、先頭の近藤が右翼への二塁打で出塁すると、ここで「3番・DH」で先発出場の大谷が、オリックス先発東明の初球を右前にはじき返し、代走の岡が俊足を生かして本塁を踏んだ。

 「打ったのはフォーク。ボール球でしたけど、そこを狙っていました。結果的に追加点になってくれたので、よかったと思います」と大谷。

 続く4番の中田も左線への二塁打を放ち、無死二、三塁と好機を広げ、東明をKOした。オリックスは2番手で赤間がマウンドに上がった。

 田中賢の投ゴロで3走の大谷が挟殺プレーでアウトになったが、続く陽岱鋼が四球で1死満塁。レアードが二飛で2死となったが、大野、中島が連続で押し出し四球を選び、この回、3点を奪い、4-0とリードを広げた。

最終更新:9/26(月) 20:02

デイリースポーツ